市場は大きな振り子時計

行ったり来たりです!

2018年09月

参考にとこの何日か 色々と株式ブログを拝見させていただいて きずいたことがいくつかあります 今日はその中の1つを書きたいと思います 株取引というゲームは同じ土俵にいるのが不思議なくらい 一人一人株の売買方法も 株式投資に対する考えかたも 頻度も 資金も 熱の入れようも まったく全然(同じ表現を2度使うほど)違う!違い過ぎる!ということです 確かに分かってはいました 当たり前のことですし! でも実際にブログから醸し出る雰囲気が ソフトバンクの時価総額と小僧寿しの時価総額ほど違う それに商材屋さんも多すぎてビックリ!しています 何故手法と考え方がこれ程まで違うのか? それはコーチや先生がいないからです(当たり前ですね でもここからが面白い)スポーツでも勉強でも基本からスタートします 例えば柔道でしたら受け身から教えます(なぜかそれは怪我をしないように)そして次に技です 柔道の大会に出る選手で受け身のとれない人はいません 算数も数字 足し算 引き算と順番に覚えていきます 国語も ひらがなを覚えたら次に漢字です 当たり前のことのようですが 現実は順番に基本を1つ1つ覚えていかなくては応用問題は解けないということです 落ちこぼれるということです では株取引はどうでしょう 口座開設したらすぐ取引OK 未成年者(18歳)でも取引ができます 相手はカオス(混沌)です 何度も売買すればするほど知らない人が知っている人に勝つことは難しくなります でもゲームの特徴として結構勝つこともありますし 相手との実力さもはかれません(でも実際は何百億も運用してるヘッジファンドや株歴30年のベテランディーラーが日々しのぎを削っているのです) 連続して勝つことも 上げ相場で数年勝つ人もいます それがお金を落し続ける人を多く生むことになるのではないかと思います これは大変な事件です!!もう1度書きます これは大変な事件です!! だってお金を儲けるために株取引をしているのに やればやるだけ負ける確率があがるなんて 最悪です ブログを見れば若くして大成功をおさめた カリスマトレーダーがクールな記事をかいていますし 商材屋さんが株取引の手法を覚えれば人生が変わると書きまくっています やってみたい いけそうだ と多くの人が思うでしょう やめられないのもわかります だけどゼロサムゲーム(厳密には手数料がかかります)に参加している以上 全員が勝つことは不可能ですし 誰かが大儲けすれば何人もの人が損をしているということです 大儲けは確率的にほんの一握りの人間であってオッズが余りにも不利だということです 私もそうでしたが早く気づくことです 自分が勝てない(わかっていない)ことに そして分かっている人から教えを乞うしかありません でも誰が本当のグルなのかわからないですよね だってそんな先生はこの日本にほとんどいないはずですから 大多数のわかっていない先生に教えられたら目も当てられない わかった気になって無駄に時間だけが過ぎて 最後にはすっからかんになって精神的にもつらい思いをする 株取引で勝つ確率を上げるためには 自分で1から適正な勉強するしかないと思います そしてその方法はウォーレン・バフェットやグレアムやピーターリンチの本を何度も何度も読み返すことしかない(本当の成功者ですそれもとびきりの) かなり脱線しましたが私が感じたことは こんな市場を効率的という人たちはどうかしてますし 誰も正確に明日の株価を予想できないということです だってみんな考え方が全然違うんですから だからこそ株価が乖離した状態がおきチャンスがうまれることがあると確信します    そして最後に予想屋さんには近ずかないということです           

保有資産評価額は( 前年末対比+1,31%) 177,310,646円となりました 内訳はSBI口座現金残高45,896,047円 株式117,375,500円 fx預託保証金22,262,827円 含み損(株式(信用)為替合計)-8,223,728円です(株式(現物)分-13,256,000円は含んでいません) 9ケ月間の確定損益は株式+41,013,972円(前年末対比+10%)fx+262,827円(前年は0円)配当金+1,201,000円(前年末対比+72%)大幅増益となっております しかしながら 保有資産評価額が昨年末の含み益から 2月の暴落で含み損に転落致しました 更に5月には 約20年ぶりにfx取引をトルコリラ限定で始めており 予定外に資金を拘束される結果となり 現在22,262827円をfx預託保証金として積んでおります fxを始めたことによる5月~9月末までの株式売買への影響は(機会損失)-5%約100万円(2000万円の5%)と考えております また現在まで保有資産評価額は回復しておらず 株式(現物)で10,15%含み損 株式(信用)で9,11%含み損 fxに至っては17,1%含み損を抱えております ポートフォリオは株式(現物)10銘柄 株式(信用)12銘柄 fx トルコリラ 等です                       2018年度の収支目標ですが 非常に厳しい状況に置かれてはいますが まだ達成は可能であると考えております 従って現時点では下方修正はいたしません  (理由)株式(現物) まずは銀行でいう不良債権のように 損切りをしなくてはいけない銘柄を 保有していないということです したがって損失を確定させる予定は今のところございません また(自分なりには)安いときに買っていると思っています そして会社の内在価値は昨年末より上がっている銘柄が多数ありますので ここからの下げは限定的ではないかと考え(私の考えです)それよりも10月末からの中間決算に期待しています このところ 良くも悪くも材料に素直に反応する銘柄が多く 中間決算期間は決算内容しだいで株価が大きく上下に変動すると思われます 私の本命株の評価価格は2銘柄で約5400万円-2,57%と-13,61%の含み損ですが 中間決算に向けて株価が上ってくるものと考えています そして決算後には年末に向けて更に上げ足を速めていくものと考えております この2銘柄が含み益に変わることで 約5,300,000円の含み損が解消され 本命株の含み益が増えることで 保有資産評価額の含み損が減っていきます また その他の8銘柄も期待していますし 中間決算に向けて株価が上がって利益がでれば早めに利確するつもりです 少しもったいないですが 決算リスクをなくせることは非常に良いことだと思います 結論として株式(現物)10銘柄を年末までに含み益にすることを目標にします
 また株式(信用)は主にスイングトレードをしています 今年の利確分は+15,589,397円になりました 現在 建代金は47,888,500円で 委託保証金率は263,55%になります 口座現金残高が45,896,047円あることを考えると 健全な状態(保守的)といえると思います 更に建代金は60,000,000円上限と決めておりますので 枕を高くしてゆっくりと眠ることが出来ています 年末までには+20,000,000円の利確を目指します 最後にfxに関してですが デフォルトしないかぎりトルコリラの金額が現状維持でも スワップ金利が高いので 来年末にはプラスになるくらいの気持ちでいます とても長い計画になりますが仕方ありません 年末までに 含み損が-2,000,000円くらいになると 気分が少しは晴れやかになるのですが まぁレバレッジは1倍なので気長に構えています その代わり今年の残り3か月は(出金(生活費)fx預託保証金のほうから下ろし精神的出金のストレスを減らすつもりです 以上を踏まえて まだまだ戦えると思っていますので 気持ちを整理しなおして 今一層 丁寧な取引を心がけたいと思います                                スイング     

僕の保有銘柄 全然動きませんー 後場に期待します

今日は良い日になりそうですね 頑張りましょう!!

確定損益+40,959,010円 譲渡益税徴収額-8,320,654円 配当金+1,201,000円 配当所得税徴収額-243,981円 含み損-18,313,844円 fx確定損益+262,827円 含み損-3,798,890円(スワップ金利含む)出金-8,300,000円 計176,629,444円 利回り0,93%です トルコリラが上がってきました

↑このページのトップヘ